千葉ヨットビルダーズクラブジュニア

ヨットビルダーズって?

葉ヨットビルダーズクラブジュニアの「ビルダーズ」という名前。クラブの創設時に、親子でヨットを自作して乗っていたことからこの名前が付けられました。それは1970年、まだ稲毛にヨットハーバーができる前のことです。今でこそ自作はしていませんが、親子のふれあいを大切にする気持ちは名前とともに受け継がれています。(詳しくはLIBRARYをご覧ください)

はじまりは1970年

1970年 : まだ美浜区が埋め立てられる前から、稲毛の浜で木製のヨットを子どもと製作してセーリングを楽しむクラブとして発足。
1982年 :
稲毛ヨットハーバーが完成し、その活動拠点をハーバーに移しました。
2004年 :
カズとさん.jpg当クラブOBの関一人選手がアテネオリンピックにおいて470級で見事、日本人男子初の銅メダルを獲得。関選手はジュニア時代、当クラブでお父さんの製作した木製ヨットでヨットをはじめ、アジア大会でも金メダルを獲得しています。最近では忙しい合間をぬって、コーチとして当クラブの子ども達の指導も。

  • 現在 :親子で始まった当クラブは、約40年の時を経て3世代が集うクラブになりました。子どもは小学校低学年から中学生まで。クラブを卒業したOBやOGたちも時々、顔を出します。またジュニアの父兄とは別に、大人だけの「親クラブ」もあります。その中にはクラブ設立当時にヨットを製作していた方々もいて、今なおクルーザーを楽しんだり、ディンギーを楽しんだりしています。ジュニアをあたたかく見守ってくれる海の大先輩達です。共通の趣味で3世代が楽しくにぎやかに集う。それが千葉ヨットビルダーズクラブならではの特長であり自慢です。

子どもを対象にしたOP級ヨットとは?

『オプティミスト』とは英語のOptimistでその意味は“楽天家 ”。全長2.31m、全幅1.13mの小さなヨットでOPの愛称で世界中の人々に親しまれているヨットです。1954年アメリカのクラーク・ミルズ氏がジュニア専用のヨットとして設計・誕生し、現在、国際セーリング連盟(ISAF)が承認する最も小さなクラスであり、アジアンオリンピックゲーム(アジア大会)における唯一、子供だけの種目でもあります。
国際的に15歳までの子供達にだけ許されたヨットであり毎年、世界選手権大会を始め、多くの大陸選手権が行われている大変、活動の活発なヨット種目でもあります。
このヨットの特徴は強風下でも強い安定性が保たれ、容易に操船できる事で、ヨットの入門艇として世界中で高い評価を得ております。100ヶ国、15万人以上の子供たちに普及し、日本でも現在、約4000艇が活動し全日本OP級ヨット選手権大会を初め、多くの大会が日本 各地で開催され、競技力の向上と人間形成に大いに役立っています。
外国ではこうしたジュニア向けヨットを“Character Building Sport” と呼び、子供たちの知力・体力・情緒面の向上に大きな貢献をするもの として位置づけられ、国際レースに参加する事により世界の子供達との 交流を通じて、国際性豊かな子供ができる事が期待されます。
日本OP協会ホームページより引用)

子どもにヨットって危なくない?お金がかかるのでは?

練習やレースで海に出る時には必ずライフジャケット(救命胴衣)を着用します。
それから、子ども達のヨットには必ずレスキュー用のボートが伴走します。自然を相手にするスポーツですから、万が一のことを考えてコーチや親は子どもの安全には細かく目を配っています。
海では(水辺では)何をしたら危険で、何をしていれば安全なのか、子ども達はヨットを通じて危険回避を学ぶことになります。
ヨットと聞くと「贅沢な趣味?」「お金がかかるのでは?」と反応する人もいます。当ヨットクラブではOP級10艇ほか、ディンギーやレスキュー用ゴムボートを数艇所有しています。希望する入部者にはOP艇が借与されますので特別にお金がかかることはありません。詳しくはGUESTのページをご覧ください。

練習の場所と内容について

練習日:毎週日曜
練習場所:千葉市稲毛ヨットハーバー

08:30  ハーバー集合
      艤装(艇の準備)と着替え、ラジオ体操
10:00  ミーティング(今日の練習の内容と課題の確認)
      出艇/練習開始
12:00  午前の練習終了・帰着
      みんなで楽しく昼食タイム&お遊びタイム
13:00  ミーティング(午前の反省と午後の練習内容の確認)
      出艇/練習開始
15:30  おつかれさま。今日の練習終了・帰着
      お片付け(艇はきれいに洗います)と着替え
16:30  ミーティング(今日の反省)とお遊びタイム
      また来週もがんばろう!


練習の見学はいつでも大歓迎です。
詳しくはGUESTページをご覧ください。


より大きな地図で 千葉ヨットビルダーズ艇庫 を表示